インフルエンザ予防に納豆が効果的!正しい食べ方で栄養アップ!

納豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月21日(月)放送の『名医のTHE太鼓判』では、食材総選挙2019でした。
医師300人が選ぶ「最も健康効果のある食材」がランキング形式で発表されました。

栄えある第1位は、納豆でした!その健康効果は?

納豆の健康効果
  • 腸内の環境を整える
  • 脳梗塞、心筋梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • 2型糖尿病予防
  • ガンを予防認知症予防

さすが第1位!嬉しい効果ばかりですね。

番組内では、納豆の新しい健康効果や健康効果を高める食べ合わせ、栄養が半減してしまう間違った食べ方が紹介されていましたので、まとめてみます!

Sponsored Link

新常識!納豆の健康効果

血栓を溶かし血液サラサラ

納豆にしか含まれていない成分であるナットウキナーゼには、血液をサラサラにする効果があるそうです。
納豆のネバネバの正体が、ナットウキナーゼだそうです。

番組では、人工的に作った血栓にナットウキナーゼで作った液体を垂らすと、その血栓が溶けるという実験がありました。

ナットウキナーゼが血液内の血栓を溶かすことで、血液サラサラ効果があるそうです。
これにより、脳梗塞や心筋梗塞の予防につながると言われています。

インフルエンザを抑制

納豆を作る上でかかせない納豆菌
その数は二万種類以上。種類によって味や風味、健康効果も異なるそうです。

その中で注目なのが「スーパー納豆菌」です。

なんと、動物実験で、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が確認されたそうです!

その実験とは、インフルエンザウイルスに感染したマウス二匹を用意し、Aには水を与え、Bにはスーパー納豆菌を与え、体内のウイルス量を比べるというもの。

3日後、マウスの細胞を確認してみると、Aのウイルスは増殖、Bのウイルスがほとんど見当たりませんでした。

これにはびっくりです!!さすが納豆、奥が深いですね。
インフルエンザ流行中のこの時期、積極的に食べておきたいですね。

【ヒルナンデス!】インフルエンザの正しい予防法をクイズで紹介

2019.01.17
Sponsored Link

健康効果を高める納豆料理

納豆菌はいい条件のもとだと、繁殖力が強いそうです。
また、熱にも寒さにも強く、300℃~-100℃でも死滅しないとか。
この強い生命力が、数多くの健康効果をもたらす源なんだそうです。

番組内では、納豆の生産で有名な水戸市のおすすめの食べ合わせを紹介していました。

そぼろ納豆

水で戻した切り干し大根に納豆をまぜたる。水戸の郷土料理だそうです。
切り干し大根に含まれる豊富な食物繊維と納豆菌の相乗効果で、善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果あり。

もち納豆

できたてのおもちに納豆を混ぜる。
納豆の含まれる抱負なビタミンB群ともちに含まれるビタミンB1の相乗効果で、疲労回復に効果的

どちらも食べたことありませんが、とてもおいしそうでした。
「相乗効果」って嬉しいですよね。
ぜひ、試してみたいです!

栄養半減!納豆の間違った食べ方

納豆には、大切な栄養成分を逃してしまう間違った食べ方もあるそうです。
その栄養成分とは、血栓を溶かし血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼです。

せっかくの栄養も、食べ方を間違えて逃してしまっては、もったいないですよね。
ここでは、番組内で教えていた誰もがやりがちな「3つの間違った食べ方」を紹介します。

栄養半減!3つの間違った食べ方
  1. 納豆に生卵をかける
    卵の白身に含まれる成分「アビジン」が、納豆に含まれる皮膚の炎症を抑える効果を妨げるため。
    美肌効果が失われてしまう。
  2. 納豆をアツアツごはんにかける
    ナットウキナーゼは熱に弱く、50℃を超えると効果が弱くなると言われるため。
    炊き立てのご飯は、約80℃なので、少し冷ましてから納豆をかける。
  3. 混ぜる回数が少ない
    納豆はかきまぜる回数が多いほど、アミノ酸や甘み成分が増えるため、なるべくたくさんかき混ぜる。
    (400回を超えると、変化がなくなる)

どれもついついやってました…
アツアツのご飯に納豆&卵って最高ですよね。
でも、美肌効果が失われるのなら、やめます!
あ、でも、私は黄身だけ派なので、大丈夫なのかも…?!

また、できるだけ混ぜ混ぜしたほうがおいしいとわかってはいたのですが、朝の忙しい時間、どうしても短くなりがちでした。
そろそろ、長男に混ぜる練習をさせたいと思います!

Sponsored Link

まとめ

名医も太鼓判を押す納豆の健康効果をまとめました。

いつも冷蔵庫に入っている納豆、思った以上の健康効果があり、もっと積極的に食べたいと思いました。

特に、インフルエンザを抑える効果にはびっくりしました!
これからの季節、家族で毎日食べて予防に努めたいですね。

スーパーの納豆がなくなる前に、さっそく買いに行きましょう♪

インフルエンザ2019の傾向は?家族に患者が出た場合の看護法も

2019.01.15
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です