アフリカンサファリでジャングルバス体験‼料金についても

アフリカンサファリのマンモス

こんにちは、Kokoです。
1歳と4歳の男の子を育てるアラフォーママです。
育休中の今、力を入れていることは「おうち英語」です。

Koko
私が取り組んでいる「おうち英語」についてはこちら

行楽シーズンの11月。夫が久々週末2日間お休みだったので、大分方面へ出かけてきました。
目的は、長男が大好きな動物たちに会える「九州動物公園アフリカンサファリ」です。

長男が1歳半の時に一度連れて行ったことがありますが、その時はマイカーで回りました。
ほとんど反応なかったです。親だけが興奮!完全にフライングでした(笑)

それから時が経ち、おもちゃの中でお気に入りは「アニア」、好きな図鑑は「小学館の図鑑NEO動物」な4歳男児に育っております。

 

今回は満を持して、初めてのジャングルバス
何十回も図鑑NEOに付属しているDVDで見ている動物が、間近で見られ、エサやりも体験でき、大興奮でした。

ちょっとお金はかかりますが、ジャングルバス、とてもよかったですよ!
忘れないうちに、アフリカンサファリの基本情報やジャングルバス乗車の感想などをまとめてみます。

Sponsored Link

入園料やジャングルバスの料金は?

アフリカンサファリの入園料は?

大人(高校生以上) 2,500円、
小人(4歳~中学生)1,400円

お得な年間フリーパスポートもあるようですね。近かったらほしいところです。

アフリカンサファリの割引やクーポンは?

おすすめはクレジットカードで支払うこと。大人200円引き、小人100円引き。

クレジットカードをお持ちでない方は、コンビニ(セブンイレブン、ローソン)で事前にチケット購入すると、同じ割引が受けられるようです。

うちの場合は、職場がBenefitOneという福利厚生サービスを導入しているので、アプリでチェックしてみたら、割引ではなく、【セブンマルチコピー機】入園+クーポン付きで2,500円、1,400円というのがありました。
割引と迷いましたが、今回はクーポン付きをを行く途中で購入しました。

チケットを入口で見せると、クーポンの冊子を一人一冊ずつもらいました。

クーポンの内容(計800円相当)
・キャットサロンまたはドッグサロンの入場券(大人300円、小人200円)1枚
・ふれあいゾーンのカンガルー、ポニー、リスざるなどにあげるエサ券(100円)2枚
・ドリンク券1枚 

ふれあいゾーンのエサ券がとてもよかったです。動物園などに行くと、エサ代かさみますよね。
今回長男は、一人で6回分エサやりが体験できて満足そうでした。

ジャングルバスの待ち時間にドッグサロンやキャットサロンにも入りたかったのですが、興奮中の息子は、「小さい動物はイヤだ!」と言うので、断念。
ジュースはおいしくいただいたので、元はとれたと思います。

この福利厚生サービス、職場でも使ってない人多いです。もったいないですよね。
うちは、使えるもにはじゃんじゃん使う派です!

ジャングルバスの料金は?

ジャングルバスの乗車料金は別途必要です。大人1,100円、小人900円

ネット予約限定の割引セット料金もあるようです。大人3,400円、小人2,200円。
割引き額はクレジットカードやコンビニ事前購入と同じですが、予約できるのがメリットです。
(三日前まで、電話予約不可)
確実に行ける場合は、ネットで予約したほうが、バスの待ち時間も少なく済みそうですね。

うちの場合は、1歳の二男もいて、何時キャンセルになるかわからないので、
当日、入口で乗車予約をすることに。
ジャングルバスの待ち時間に、ふれあいゾーンを楽しんだり、昼食をとるという作戦にしました。

11月の土曜日でしたが、10時過ぎに到着し、12:15発のバスが予約できたので、ちょうどよかったです。

Sponsored Link

ジャングルバスの待ち時間やランチについて

ジャングルバスを予約して、二時間弱の待ち時間は、ふれあいゾーンをめぐることにしました。
ポニー、リスザル、カンガルーにエサやり体験をしました。

クーポンのところでも触れましたが、キャットサロンかドッグサロンのクーポンゲットしていましたが、「小さい動物はイヤだ」と言うので行きませんでした。

11:30ごろ、何か食べようということになり、食事できるところを見てみましたが、やはりお値段お高めな上に、食べたいと思うものもなく、ちょっと残念でした。
持ち込みOKなので、コンビニででも買ってくればよかったなぁと思いました。
次はたぶん、持って行くと思います。

今回は、朝ごはんが車の中だったので、あまりお腹がすいていない(そもそも興奮してそれどころじゃない)長男は、ソフトクリームだけ食べました。
私たちはクーポンでジュースをいただき、二男にだけ、ベンチで持って行っていたレトルトの離乳食を食べさせました。

そして、サファリを出てからすぐの、別府湾SAで遅めの昼食をとりました。

いよいよジャングルバス乗車

ライオンのえさやり

さぁ、いよいよジャングルバスに乗車です。
今回はちょうど季節的に、暑くも寒くもなかったので、私と二男も一緒に乗りました。
エアコンはたぶんないと思うので、真夏や真冬の場合は、赤ちゃん連れはきついかなぁと思います。

バスは何種類かあるようですが、私たちが乗ったのは、サイのバスでした。
まず、3人分のエサをもらって乗車、満員御礼。
運転手兼ガイドさんの話を聞きながら、50分のバスツアーがスタートしました。

マイカーではDVDのガイドですが、バスでの生ガイドはとてもわかりやすく、動物の性別や年齢も詳しく教えてくださり、動物たちへの親近感がわきました。

結構ガンガン行く感じも、サファリ感がありよかったです。

そして、なんと言ってもエサやり体験での、動物たちとの距離感!
ヒツジ、クマ、ライオン、ゾウ、ラクダなどと、バスの柵越しに触れ合うことができました。

長男は「ライオンさんが一番よかった」と言っていました。
ライオンには、長いはさみ(トングのようなもの)で生肉をあげたのですが、長男にはまだ少し難しかったようで、タイミングが合わず、トンビに華麗に横取りされていましたが。

ライオンには低い位置ではなく、高い位置であげるのがおすすめです。
口を大きく開けて食べる姿が見られて、迫力あります。
ただ、長男のように、トンビに横取りされる可能性も高くなります。

ほかに、アメリカバイソンやサイ、キリン、トラなどのメジャー動物も見られて、大満足のツアーでした。

ジャングルバスで回った後、二周目はマイカーで

ジャングルバスとゾウ
ジャングルバス降車後、「もう一回見たい!見たい!」と長男。
じゃ、次は車で周ろう!ということに。

一度、ガイドしてもらっていたので、動物ゾーン入口で「ガイドDVDいりません」と言えば、追加料金なく、車で入ることができました。

ジャングルバスの様子を、外から見ることができて、二周目のマイカーもおもしろかったです。
ジャングルバスは乗ってしまえば、そのかわいい外観とそれに群がる動物たちは見えませんからね。

また、好きなところだけ、自分たちのペースでじっくり見られるし、写真も柵がないのでとりやすいです。

二周目のマイカー、時間に余裕があって、車に対して神経質でない方は、ぜひおすすめです。

ただ、あれだけ「見たい!」と言っていた長男ですが、出口ごろには睡魔に負けてお昼寝タイムに。
そして、昼寝から目覚めたらもうそこはもうサファリじゃなくて、超不機嫌でした(笑)

Sponsored Link

ジャングルバスツアー、リピーターになること間違いなし!

アフリカンサファリのジャングルバスツアーは、普通の動物園ではできないことが体験できて、とてもよかったです。

うちは男の子二人で、今のところ、トミカやプラレールではなく、アニア派なので、これからもちょくちょくお世話になると思います。

GWなどにキャンプができたり、ナイトサファリもあるようなので、
もう少し大きくなったら、そちらも体験させたいです。

Koko
最後までお読みいただきありがとうございました。
他のページでは子育てママにおすすめの「おうち英語」についても書いていますので、ぜひのぞいてみてください。
おす
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です